不動産業者が住まい探しの味方になる|ワンランクアップの暮らし

間取り

仲介手数料無料の仕組み

インテリア

最近の不動産に、仲介手数料無料という売り出し文句が増えてきています。これには貸主側の理由があり、少しでも早く借主を見つけてもらうため、貸主が不動産業者に仲介手数料を支払ってでもすぐ入居してもらいたいといった場合があります。仲介手数料は家賃1ヶ月分が上限となるため、不動産仲介業者にこの1ヶ月分を支払って仲介手数料無料にすることで、条件に惹かれた借主が見つかる可能性が高くなります。1ヶ月間の空き室が出るくらいであれば、その1ヶ月分を払って入居者と早めに契約したほうがトータル的には利益へと繋がります。そのため、仲介手数料無料は借主と貸主の双方にメリットがある契約条件といえます。仲介手数料無料以外にも、初期負担を抑えて借主が入居をしやすくするための契約条件などは他にもあります。たとえば、最近では敷金礼金が無料であったりする物件などや、入居当初の数ヶ月間の賃貸を無料にするシステムを採用しているところなども多くでてきています。転勤などで新しくマンションなどの賃貸物件を探す際は、こうした入居しやすくなっている物件などを探して入居をすることで、初期費用が安く済む場合などもあります。ただ、こうした入居しやすい条件を設定しているところは、月々の家賃が高かったりする場合などもあるため、家賃などを他の物件と比較しながら探していく事が重要となるでしょう。うまくお得な建物を見極めることができれば、転勤などで何かと費用がかかる中でも大きな出費である入居の費用を抑えることができます。